スポンサードリンク

2009年06月15日

電動マスカラ

電動マスカラ 、日本初ランコムから電動マスカラ新登場。
先行発売当日は、伊勢丹でも長蛇の列が。発売6日間で、2店舗だけで2561本を売り上げたとか!


なめらかなマスカラ液とシリコンゴムのブラシ、

毎分7000回のミクロの振動でまったく今までのマスカラの概念を
覆す様な電動マスカラ。
従来の「ジグザグ」の動きでは難しかった、まつげを根元から先端までをムらなく360度包み込む様な動きをするので、ダマになりません。


長時間にじまず、簡単にクレンジングで落とす事ができます。


この電動マスカラのシリコンゴムはとても柔らかいので、まぶたに当たっても全く痛くありません。

ブラシ自体細いので目頭、目尻の細かい部分の作業もなんなく塗ることができます。

自力で「ジグザグ」と動かさずに根元にブラシを当てて徐々に先端へすくいあげる様に移動させると、まつげが扇状にキレイに広がり、上品にセパレートされます。

電動マスカラの液はなめらかなので、ダマやムラになりにくいので、マスカラコームあどは不要。

賛否両論はあるみたいですが、電動マスカラは今までにないものです、まつげを痛めずやさしいつけごこち、
一本一本が存在感を出しているような仕上がり、
やわらかな毛質を保ちつつ長さをだしてくれる電動マスカラは
お化粧直しにも最適です!
posted by ashbury at 23:06| Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットビューラー

ホットビューラーといっても種類があり、ヘッドの形状も多種多様。
挟むタイプのダブルアクション方式のホットビューラーとコーム型のホットビューラーのものがあります。

初心者の方にはコーム型のホットビューラーの方が使いやすいです。
ホットビューラーもドライヤーと同じくまつげを痛めてしまいますので、使う時はまつげ美容液、トリートメントなどのお手入れを
織り交ぜながらホットビューラーを使うと良いでしょう。


オススメのホットビューラー

@アンジェリカまつげカーラー pdt2892168.jpg¥1575
 先端が細目尻や細部へぐぐっと入り込みクジャクまつげを作れる一本。
 手に負えない頑固な上向きの下まつげも素直にカール感が出て、目が大きく見えます。
 水洗いできるのも清潔感を保ててうれしい

Aパナソニック  まつげくるん 215WVWUmqPL__SL500_AA280_.jpg
 これは口コミでも数多くとりあげられているホットビューラー。
ホットビューラーの流行のきっかけともなった。
 たっぷりマスカラを塗っても固まらず、軽やかな仕上がりに。

Bセラ ミニアイラッシュカーラー 106282704_1.jpg¥840
 ヒーターが他社製品よりもやや低温なので、触れても安心。
温度が低めだからといってカール力が劣るわけでもなく扇状のまつげに。
 ただキープ力がすこし弱い。
折りたたみができて利便性に富んでるので、お直しにも最適!

Cテスコム ホットビューラー 4975302503312_1.jpg¥3465
 ヘアアイロンのようにまつげを挟み、カールをつける驚きの発想。
コツをつかむまでは少々時間がかかるけど、板状のヒーターで広範囲に熱が伝わり、
力強いカールが持続します!
posted by ashbury at 23:02| Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビューラー使い方

ビューラーのゴムはこまめにチェックする事から始めてください。

まつげのカールがかかりずらくなったり、ゴムが凹んでいたりすると、大切なまつげが抜けてしまう原因ともなります。
実はビューラーの替えゴム面の角度を90度替えてみる。実は4面使えるんです!

ビューラーを効果的に使うには、目線を斜め45度下をみつつ、指でまぶたを軽く押し上げて優しくまつげを挟み
小刻みにカールさせる、その基本動作がなにより大事。片手に手鏡なんて言語道断!

ここでオススメビューラーを何点か紹介します。

@資生堂のビューラーgetimg.jpg
 日本人の目幅にピッタリフィットするアーチやゴムの硬さ。まつげに負担をかけず、
 根元からしっかり上がる基本性能が抜群なビューラー!


ARMKのビューラー90.jpg
 挟む部分が少し外側に傾いているので、まつげの根元からピンポイントでカールできるビューラー。

BSUQQUのビューラーsuqqu.jpg
 目の形やまつげの硬さを選ばないオールマイティービューラー。

Cエクセルのビューラーpdt306334_0003.jpg
 下向き直毛まつげの方やとにかくカールキープが命の人はこの製品オススメ。
 バネの作用で力をかけすぎることなく美カールが思いのままビューラー。

番外編としては歯間ブラシ
メイクアップアーティストのマル秘テクニックとして、歯間ブラシを使って下まつげの仕上がりなど
細かい部分を整える裏ワザがあるそうです!
繊細な質感で意外と使い心地抜群だとか!

 
posted by ashbury at 22:48| Comment(0) | アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。